喜望ゼミナールの合格実績

最新合格実績(令和4年度)

小学校入試

※和大附属小受験の合格者数は、受験クラス受講生の、一次試験の結果です。

喜望ゼミナール合格状況

合格者受験者合格率
智辯小学校 20名21名95 %
和大附属小学校20名20名100%

喜望ゼミナール以外の合格状況

合格者受験者合格率
智辯小学校47名53名89%
和大附属小学校108名 129名 84 %

私立中学入試

※下記のデータは、前期入試出願者の合格状況です。
※後期合格 智辯 後期7名 近大 午後入試13名 開智 後期9名 信愛 B日程12名

喜望ゼミナール合格状況

合格者受験者合格率
智辯14名14名100%
近大41名41名100%
開智18名18名100%
トータル73名73名100%

喜望ゼミナール以外の合格状況

合格者 受験者合格率
智辯116名136名85%
近大114名128名 89%
開智142名166名86%
トータル372名430名87%

和大附属中学入試

喜望ゼミナール合格状況

合格者受験者合格率
14名19名74%

喜望ゼミナール以外の合格状況

合格者受験者合格率
46名80名58%

県立中学入試

喜望ゼミナール合格状況

合格者受験者合格率
桐蔭7名14名50%
向陽11名 28名39%
トータル18名42名43%

喜望ゼミナール以外の合格状況

合格者受験者合格率
桐蔭73名203名36%
向陽69名240名29%
トータル142名443名32%

私立高校入試

喜望ゼミナール合格状況

合格者受験者合格率
智辯2名3名67%
近大15名15名100%
開智13名13名100%
信愛2名2名100%
トータル 32名33名97%

喜望ゼミナール以外の合格状況

合格者受験者合格率
智辯41名43名95%
近大171名188名91%
開智122名142名86%
信愛29名29名100%
トータル363名402名90%

公立高校入試

喜望ゼミナール合格状況

合格者
桐蔭(普通)23
向陽(普通) 6
海南(普通)1
海南(教養) 2
星林(普通) 7
那賀(普通)2
粉河(普通) 2
和歌山北 1
市和高(普通)1
市和高(総合ビジ)1
和高専2

令和4年入試合格の先輩の声

O.Mさん【智辯和歌山中学校合格】

 喜望ゼミナールの宿題は、先生に教えてもらってから解くのではなく、まずは自分でテキストを読み、理解してから解きます。そして授業で、家で分からなかった問題を解説してもらったり、きちんと覚えているかを確認するテストをしたりします。正直大変ですが、家で解説を読んでも分かりにくかったところが、授業ではしっかりと理解でき、テストがあることできちんと覚えようと努力ができます。受験が近づくと大好きな趣味の時間を我慢しましたが、「智辯のS選抜に合格できるように頑張ろうね。」という先生の励ましの言葉でやる気が出ました。重点的に勉強するポイントを教えてもらい、テキストを何度も何度もくり返し解きました。受験勉強という長い戦いの中で、嫌になる時もありましたが、私は受験を通してコツコツ努力を続けることの大切さを知りました。そして、受験当日に全力を出し切り、合格という結果を得ることができ、本当に嬉しかったです。これから受験をする人達にも、喜望ゼミナールでコツコツ努力を続けることの大切さを学び、先生や仲間と一緒に合格を勝ち取ってほしいです。

K.Kくん【智辯和歌山中学校合格】

  ぼくが喜望ゼミナールに入ったのは小学四年生に上がる少し前のことです。入会したばかりの頃は、私立中受験の勉強内容を難しく感じました。でも、理科の先生の授業が面白く、それを励みに続けることができました。特に役立ったのが、塾にある自習室です。授業終了後や授業のない日も利用して、わからない問題を先生に質問できました。次第にわかること、できることが増えてきました。たとえば、算数の問題を図に書いて整理する方法は、塾で身につけたことのひとつです。合格を手にした時、すぐには実感がわきませんでしたが、後からじわじわとうれしさがこみあげてきました。これからも喜望ゼミナールで学んだことを活かし、さまざまな挑戦をしていきたいと思います。

H.Tくん【近大和歌山中学校スーパー数理合格】

 僕は小学三年生の時に受験を考え始め、その年の冬期講習に参加しました。そのときに「喜望ゼミナールでもっと勉強したい。」と感じたことから、小学四年生で正式に入塾しました。最初は授業にあまりついていけませんでしたが、質問しやすい雰囲気に加えて、理解できるまで丁寧に説明してくれたことで、すぐに慣れることが出来ました。また、統一テストや判定テストなど定期的にテストがあるので、自分の立ち位置や各学校の合格の可能性を知ることができました。苦手な教科も先生方に分かるまで質問することで、苦手意識も克服することができました。そして、三年間努力した結果、第一志望に合格できました。喜望ゼミナールの三年間で一番学んだことは、「努力を継続することの大切さ」です。これからも喜望ゼミナールで学んだことを胸に刻んで、中学校生活を送っていきたいと思います。先生方、三年間ありがとうございました。

 

H.Mさん【近大和歌山中学校スーパー数理合格】

 私が喜望ゼミナールに入塾しようと決めたのは、姉が楽しそうに通っているのを見ていたからです。実際、塾の授業はおもしろく、クラスの雰囲気も活気のあるものでした。家での勉強ではタイマーを使って時間を計りながら集中して取り組み、わからないところはマイレッスンで先生に質問し、できるだけ苦手なところを残さないようにしました。それでも、6年生になると、テストの点数が伸び悩むようになりました。そこで先生に相談すると、ケアレスミスをなくすようアドバイスをいただきました。それからは、問題文を指でなぞりながら読むようにし、計算問題を一日10分解きました。それを毎日続けた結果、成績が上がり、志望校に合格することができました。受験を通して、努力を続けると結果は必ずついてくると自信を持てるようになりました。中学校では、勉強と部活を両立できるように努力を続けていきたいです。

S.Rさん【開智中学校スーパー文理合格】

 私は四年生のとき、喜望ゼミナールに入会しました。以前見学した開智中学校にあこがれがあったからです。初めての塾でしたが、先生たちが分かりやすく教えてくれたので、気が付けば苦手だった科目も好きになり、大好きだった算数はさらに好きになりました。どの先生も話しやすく、質問しやすかったので、成績も上がり、手ごたえを感じながら勉強に取り組めました。受験当日には、先生たちがみんなにお守りを持たせてくれて、すごく心強かったです。合格発表の日、夢のスーパー文理に自分の受験番号を見つけ、飛び上がって喜びました。私にとって一番の思い出となり、今後も喜望で学んだことを忘れずに頑張っていきたいと思いました。最後に、これから受験する人、受験を考えている人には、自分の可能性を信じて挑戦すれば夢は叶うということを伝えたいです。頑張ってください。

 

N.Aさん【桐蔭中学校合格】

 私は中学受検にチャレンジしたいと思い、五年生の春に入塾しました。入塾当初はいままで習っていたミュージカルとの両立ができるか不安でしたが、「諦めずに頑張る」という気持ちで続けました。喜望の先生は、一人ひとりに目を向けてくれて、分かりやすく丁寧に解説してくれました。問題が解けた時は、嬉しさと自信につながりました。苦戦した時は、マイレッスンを活用し、納得するまで教えてもらいました。入試当日は、緊張していましたが、「難しい問題はみんな難しいと思っているから、焦らなくて大丈夫。」という先生方の言葉を胸に、落ち着いて試験を受けることができました。桐蔭中学校に合格した時は、家族で大喜びしました。「努力は実を結ぶ」と改めて実感しました。この喜望ゼミナールで学んだ事を自分の糧にし、中学校生活でも新たな目標に向かって進んでいきたいと思います。お世話になった先生方、本当に有難うございました。

K.Aくん【向陽中学校合格】

 僕は、五年生の春に喜望ゼミナールに入塾しました。そのきっかけは、中学受検を目指したからです。授業では、とてもわかりやすく説明をしてくれました。また、どの先生もいい先生で、楽しく授業を受けることができました。宿題は一生懸命取り組み、わからないところがあれば質問し、解き方を理解していきました。マイレッスンでは、家で勉強するよりも集中できました。僕は、長時間の勉強が苦手だったのですが、二年間の勉強の積み重ねで、苦ではなくなりました。入試当日は、思っていたほど緊張はしませんでした。合格を知った時は、言葉が出ないくらいうれしかったです。僕がこの受験から学んだことは、「努力は実を結ぶ」ということです。だから、これから受検する人も、努力し、合格をつかみ取ってほしいと思います。

M.Kくん【智辯和歌山高校編入合格】

 僕は小学四年生の時に喜望ゼミナールに入会しました。入会当初は授業についていくのが大変で、うまく勉強できませんでした。僕が中学生になり姉が智辯和歌山高校に入学した時に、僕も県内トップレベルの高校に行きたいと思い始め、勉強を熱心に取り組むようになりました。中三の夏に部活を引退してから本格的な受験勉強が始まりましたが、解けない問題がたくさん見つかりました。しかし、その都度、喜望の先生方が的確なアドバイスをしてくださり、分かるところが増え、成績も徐々に上がりました。秋になり、受験校を決める時はとても迷いましたが、喜望の先生方に相談し、姉と同じ智辯に挑戦することを決めました。そして、その後は必死に勉強し、無事智辯に合格することができました。受験勉強は大変でしたが、この喜望ゼミナールを通して、受験のためはもちろん、将来に役立つ勉強の仕方を学ぶことができました。

I.Uさん【近大和歌山高校スーパーAD合格】 

 私は、中学一年生の時に兄が喜望ゼミナールで勉強し、志望校に合格したのをきっかけに入塾しました。初めの頃は宿題や小テスト勉強で手一杯になり、予習・復習に時間をかけることができませんでした。しかし、先生方のアドバイスのおかげで効率的に勉強を進めることができました。難しい単元が出て、ついていくことが大変な時も、居残り補習で理解できるようになるまで先生方に丁寧に教えて頂きました。受験生になってからは、授業数が増えて大変になりましたが、同じクラスの友達が努力しているのを見て、私も頑張ろうと思えました。また、統一テストや判定テストの結果を見て志望校との差を比較することで、次の目標に向けて一生懸命勉強できました。その結果、志望校に合格することができました。喜望ゼミナールでは努力の大切さを学び、高校生活においてもその教えを忘れず成長していきたいと思います。先生方、本当にありがとうございました。

I.Kさん【開智高校SⅠ類合格】 

 私は学校の定期テストの点数を上げたいと思い、学校の授業より先に学習できる喜望ゼミナールに、中学校一年生の春に入塾しました。授業ではプロジェクターを使って、イラストや動画を黒板に映しながら説明してくれるので、内容がとてもわかりやすく頭に入りました。また、宿題の中でわからない問題がある時は先生に質問します。授業で解説してもらうと、それまで解けなかった問題をすらすらと解くことができました。受験前になると私はよく自習室を利用していました。家で勉強するよりも格段に集中力が上がり、気分転換にもなってモチベーションが上がりました。また、受験勉強で何をすればいいのかよくわからない時は先生からアドバイスをもらいました。テキストを預けると入試に出そうな問題に印を付けて返してくれます。それを解いていると、最初はなかなか上がらなかった過去問の得点が上がっていきました。先生からのアドバイスのおかげで得点が上がり合格することができました。先生方、ありがとうございました。